道場の紹介

所 在 地 愛知県常滑市 とこなめ市民交流センター(旧鬼崎公民館内)
活  動 月に2回 第2日曜日、第4日曜日道場開催、蕎麦打ち技術の向上を図る。
また、イベントへの参加、要請があれば蕎麦打ち教室開催
主な活動履歴
開  場 1997年6月
会 員 数 2011年10月現在25名(内女性5名)
入会基準 美味しいそばを食べたい人、食べさせたい人。土日のイベントに参加いただける人(出来る限り)。
現在料理人等プロの人はお断りしています。
費  用 入会費¥3,000円 会費 2,000円/年  
道場開催日に材料費として1,500円程度

<規約>
第1条 <名称>
     本道場は、「セントレアとこなめ・市民蕎麦打ち道場」と称する。
第2条 <目的>
     @ 本道場は、日本特有の文化のひとつ「蕎麦」を愛し、「蕎麦」を打ち、「蕎麦」に
       親しみ、「蕎麦」を楽しむ。
     A 本道場は、そば打ち技術(腕前)による、「そば打ち段級位」認定及び昇級・昇段
       に挑戦する。
     B 本道場は、この、目的を通じて、会員相互の交流と親睦を図りつつ、地域活動に
       参加し、「蕎麦」文化の向上に貢献する。
第3条 <事業>
     本道場は、目的を達成する為に次の事業を行う。
     @ そば打ち体験会(そば打ち教室・そば打ち道場)を行う。
     A 段級位認定の為の、準備講習会を行う。
     B 年1回、総会・本部支部間の交流会を行う。
     C その他、本道場の目的を達成する為に必要な事業を行う。
第4条 <総会>
     本道場は、年1回総会を開催し、次の事項を審議決定する。
     @ 事業報告及び収支決算   A 事業計画及び収支決算
     B 役員の選任          C 道場規約の改廃
第5条 <役員>
     @会長    1名    A副会長    2名
     B事務局長 1名    C女性代表 1名
     D幹事    1名
第6条 <講師>
     本道場に、有段級位者による講師団をつくる。
第7条 <会計>
     本道場の経費は、次の収入をもってこれに充てる。
     @ 入会費       A 事業に伴う収入
     B 会費        C 寄付金
     D その他の収入
      ・入会金は、3,000円とし、会費は年2,000円(材料費別)とする。
第8条 <その他>
     @ この規約は、1999年3月1日から実施する。
       第1回総会までは、現在の役員を中心に運営し、規約についても、役員会の
       審議承認を経て改廃できるものとする。
     A この規約は、2005年4月10日から一部改正し実施する。
     B この規約は、2009年1月1日から一部改正し実施する。
     C この規約は、2012年1月8日から一部改正し実施する。
      D この規約は、2013年4月28日から一部改正し実施する。

常滑市鬼崎公民
名鉄常滑線蒲池駅より徒歩3分
国道247号線午新田交差点名古屋方面より右折

鬼崎公民館地図

Copyright(c)1997 とこなめ・蕎麦打ち道場(遊麺人) All rights reserved